« ピアノブログのキャラクター | トップページ | ピアノ教室の生徒たち »

2006年9月20日 (水)

幻のピアノ その2

前回の幻のピアノの続きです。

私たちが試弾した”ファツイオリ”ピアノの最大モデルF308は、10月25日、東京オペラシティーで行われるカナダ人ピアニストアンジェラ・ヒューイットのリサイタルで使用されます。プログラムはバッハ・ベートーウェン・ラモー・シャブリエ。

4本目のペダルは一番左に付いていて、弱音ペダルの役割を果たします。従来の弱音ペダルとの違いは、踏んだ時ハンマーが弦に近づく(アップライトピアノと原理は同じ)、これを踏むことによって、より"ppp"の様なすごく小さな音量のコントロールが上手くいき、音がくすまないという利点があるそうです(私の記憶によると・・)。ドビュッシーの作品など、”p” 以下の音量のコンとロールを要求される曲を演奏する際に、特に役立つようです。

ホールでは果たしてどんな響きがするのか、楽しみです

|

« ピアノブログのキャラクター | トップページ | ピアノ教室の生徒たち »

コメント

オペラシティのコンサート私もいこうかと思っています。 あのピアノでドビュッシー弾いてもらいたいですが今回のプログラムに入っていないのがちょっと残念ですが。

投稿: ちかこ | 2006年9月23日 (土) 20時35分

私もあのピアノでドビュッシーを聴きたいと思いましたよ・・。でもチケット買いました!

投稿: merypop | 2006年9月24日 (日) 11時18分

いろんなピアノがあるんですねー!
当日が楽しみです。

素敵な演奏だといいな。

ちなみに今アンの家でコメントしてます!
母子ともに健康。発表会の写真も渡しましたよー!

投稿: ジーン | 2006年9月24日 (日) 13時22分

Oh,ジーン! コメントアリガト!! アンとベビーも元気そうでヨカッタ!ピアノも百人十色、というか百台十色というのかな。それが又曲や弾く人によっても変わるから面白い。私も楽しみです。
ところで、アンの家にはまだ1度も招待されてないなー。ちょっとすねているキティーセンセーです・・・


投稿: merypop | 2006年9月24日 (日) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻のピアノ その2:

« ピアノブログのキャラクター | トップページ | ピアノ教室の生徒たち »