« ピアニストとスポーツ | トップページ | ラメールピアノ教室 »

2006年9月29日 (金)

レッスンのヒント”すてきにピアノ”

”すてきにピアノ”はピアノ絵本(漫画)のタイトルです。後輩に勧めたら好評だったので、ブログで紹介することにしました。ピアノの先生、生徒両方に役立ちます。小さい生徒たちが喜ぶかと思ったら、社会人の生徒たちが興味を持ち、何度も読み返していました。

マエストロ・プロフォンド先生、生徒のアジタート君、ミューザベラたちが、楽しい会話の中で、ピアノの技法やレッスンに役立つアイデアをたくさんのイラストと共に紹介しています。漫画とはいえ中身はやや専門的、でも具体的で分かり易いです。

例えば”本番で間違えるパッセージは、緊張のせいではなく、過去に間違えて練習した事を指が覚えているからだよ。だから新しい曲を練習する時はゆっくりと正確に弾こう。間違えだらけでたくさん弾いても意味がないんだ”(第3巻 完璧な練習法より)。子供たちには絵本を見せながら読んであげています。

1巻・・ペダリング、2巻・・豊かなタッチ 5巻・・音楽の様式 それぞれ興味深い内容です。、以下を参考にして下さい

マエストロ・プロフォンドのすてきにピアノ (第5巻)Book マエストロ・プロフォンドのすてきにピアノ (第5巻)

著者:ピーター・コラッジオ,ジョン・ムラカミ
販売元:ショパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book すてきにピアノ 第1巻

著者:ジョン ムラカミ,ピーター コラッジオ
販売元:ショパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book すてきにピアノ 第3巻  

著者:ジョン ムラカミ,ピーター コラッジオ
販売元:ショパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ピアニストとスポーツ | トップページ | ラメールピアノ教室 »

コメント

子供向けのマンガと思って侮ってはいけませんね。
かなりいい事書いてありました。
早速自分の練習にも活用してみました。

3回と7回という具体的な回数を定めて反復練習すると、着実に身に付く感じがあります。
「これはいい!」と言うことでピアノの生徒にも試してもらったところ、案外集中力と根気がいるようで、少し大変そうだったかな。

続けることで技術にと共に集中力、根気も身につきそうです。

投稿: mami | 2006年9月30日 (土) 10時32分

本当にそう!生徒だけでなく私たちの練習にも役立ちますよね。又、何か役立つ情報があれば、書きますね。

投稿: キティ | 2006年9月30日 (土) 12時09分

たくその通りで、間違えながら練習してると絶対本番で出ますね! 子供のうちからそのことをわかっていると練習時もより集中して効率よくなりますね。
大人の私にとっても教訓として思い出させてもらいました。 気をつけなくちゃ!!

投稿: ちかこ | 2006年9月30日 (土) 19時20分

こんにちはー。
>過去に間違えて練習した事を指が覚えているからだよ。 間違えだらけでたくさん弾いても意味がないんだ
-うーん。そうですねェ。
最初に覚えたことって、後に間違いだとわかっても、クセになってしまっていてなかなか直せないものです。
だからこそ、覚える時にはしっかりとした知識や技術を入れないといけないですよね。

大人も子供も、絵があるととっつき易くていいですね。
ではでは。

投稿: まごころ。 | 2006年10月 1日 (日) 00時04分

ちかこさん、まごころさん

子供向けの絵入りの本でも、大人に役立つことっていっぱいありますね。私にとっても痛いとこ突かれた感じなので(生徒もこの点はかなり教訓になったみたい)、早速実践しています。

投稿: キティ | 2006年10月 1日 (日) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138533/3618390

この記事へのトラックバック一覧です: レッスンのヒント”すてきにピアノ”:

« ピアニストとスポーツ | トップページ | ラメールピアノ教室 »