« ピアニストの守護神 | トップページ | ピアニストのHoliday Cooking       "ビーンズサラダ” »

2006年10月 7日 (土)

オペラ”トゥーランドット”

今日は友人たちとプッチーニのオペラ”トゥーランドット”を鑑賞しました。
トリノオリンピックで金メダルを取った
フィギュアスケートの荒川静香選手のお陰でこのオペラも有名になり、オーチャードホールは大入り。ワイン講座で知り合ったユミさん、フランス語学校の友人エツヨさん、私の3人は久しぶりに顔を合わせ、幕間にもおしゃべりは尽きず、”やっぱりこういう時は気の会う仲間同士がサイコー”で意見一致でした。

この時”オペラの楽しみ方は?”と尋ねられましたが、”事前にストーリーを読んで頭に入れておく” & ”できればDVD等を観て予習をする”事でしょう 。 字幕を追ってばかりいると疲れます。折角のいいシーンを見落とさない為にも、本番中は舞台に集中した方が楽しさはアップしますね。

さて、このオペラ、舞台は北京。氷の様な冷たい心を持つトゥーランドット姫が求婚者たちに3つの謎を出し、解けないと次々と首をはねてしまう中、ダッタンの王子カラフは謎を解き、姫の心を開くという物語です。荒川選手が使った曲は、王子が謎を解いたのに、なお求婚を拒むトゥーランドットに、”私の名を夜明け迄に言い当てるように”、と反対に謎を出し、”もし答えられなければ私の勝利だ”と姫に迫り、北京の町にはこの王子の名が分かるまでは”誰も寝てはならぬ”と布告が出されるシーンで歌われるアリアです。

大学時代、このオペラのリューのアリアは何度も伴奏をしましたが、歌っていた先輩は若くして亡くなられてしまいました。あの頃は悲しい未来のこと等知らず、一緒に楽しい時を過ごしました。彼女の明るい笑顔ときれいな歌声が心の中でふと甦る1日でした。

|

« ピアニストの守護神 | トップページ | ピアニストのHoliday Cooking       "ビーンズサラダ” »

コメント

最近メトロポリタンのトゥーランドットのDVDをゲットしました。
まだ見ていないのですが、メトロポリタンの豪奢な舞台美術で見るのが楽しみです。

大学時代のお友達のお話、悲しいですね。
きっと天国でも歌い続けているでしょうね。

投稿: mami | 2006年10月 8日 (日) 17時04分

メトロポリタンのDVD、いつか見せて下さいね。

投稿: キティ | 2006年10月 9日 (月) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138533/3729071

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ”トゥーランドット”:

« ピアニストの守護神 | トップページ | ピアニストのHoliday Cooking       "ビーンズサラダ” »