« 良かった! | トップページ | 発表会前夜 »

2012年2月29日 (水)

ビリー・エイディのピアノレッスン

フランスの夏期留学で師事したビリー・エイディ(Billy Eidi)先生のピアノ公開レッスンが、東京で行われています。

昨日は生徒2人と聴講しましたが、ピアノを教える上で、ヒントになることが多々ありました。

ラヴェルの”クープランの墓”はそれぞれの曲の練習法・・テンポは遅めでもよく聴いて、あせらず丁寧に弾く・・基本的なことですけれど、忘れてはいけませんね。生徒たちにも大いに役立ったようです。

ショパンのバラードは、ショパンの時代のピアノと現代のピアノとの違いを踏まえつつ、演奏しながらペダリングについての説明等、他のショパンの作品を弾く際にも参考になりました。

私自身、教える際いつも大切に考えている、拍子感、アクセント記号の付いている音の考え方(ただ強く弾いてはいけない)、書き出せばきりのないほど細かな注意ですが、1つ1つ良く考え、注意して自分の音をよく聴いていくことで、演奏は見違えるほど変わっていきますね。

的確な注意を、無駄なく、しかも丁寧に生徒に伝える指導法も参考になりました。

今日も午後はレッスン聴講に出かけます。大雪になりませんように!

|

« 良かった! | トップページ | 発表会前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138533/44309380

この記事へのトラックバック一覧です: ビリー・エイディのピアノレッスン:

« 良かった! | トップページ | 発表会前夜 »