« HJリム ベートーヴェンリボリボリューシヨン後半 | トップページ | アンリ・バルダのベートーヴェンピアノ協奏曲 »

2013年7月 7日 (日)

小さくたってじょうずな手

この曲集を発見した瞬間”これこれ!やっと見つけた!”、と宝を探し当てた気分になりました。
とにかくとことん”反進行”にこだわりぬいた曲ばかり。

フランスの作曲家・ピアニスト・教育家で、日本の音楽教育に多大な貢献をしたアンリエット・ピュイグ=ロジェによる、ピアノ曲集”小さくたってじょうずな手”。

左右の手を対称的に動かす「反進行」で書かれているのが大きな特徴で、左右の同じ指の同じ筋肉を同時に動かすので合理的に短時間のうちに効果をあげることができ、2つの声部を同時に聞き分けられるようになります。どの曲も歌いやすいメロディで書かれているので、ソルフェージュの練習にも活用できます。

長・短音階のほかドリアやフリギアなどの様々な旋法が用いられているので、響きに対する繊細な感受性が養われるでしょう。

曲の題名もかわいらしい。

子供は左右の反対動きが大好き。指使いがおんなじだから弾きやすいし、響きもステキ!ちょっと難しい曲を弾いている気分になる。小学2年の男子生徒クンも、この曲集の大ファン。どんどん初見で譜読みしながら弾いています。大人の初心者の方にもおすすめです。

Photo


|

« HJリム ベートーヴェンリボリボリューシヨン後半 | トップページ | アンリ・バルダのベートーヴェンピアノ協奏曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138533/52349462

この記事へのトラックバック一覧です: 小さくたってじょうずな手:

« HJリム ベートーヴェンリボリボリューシヨン後半 | トップページ | アンリ・バルダのベートーヴェンピアノ協奏曲 »