2006年9月27日 (水)

ピアニストとスポーツ

1年半前、ひどい手の痛みで悩んでる頃、ピアニストの中村紘子さんが対談番組で”スポーツジム通いをし、長年の肩凝りから開放され、おまけに集中力も上がり暗譜も(楽譜を覚えるとこと)早くなった”とお話されているのを聞き、早速私も近くのジムに行き始めました。

手の痛みの大元は肩の凝りが原因なので、肩周りを動かす運動やストレッチを勧められ、数回通ううちに早くも成果があり、手の軽いしびれは消えていました。フシギ~。

体脂肪や筋肉量も測定し、運動プログラムが組まれました。運動により筋肉量を増し、脂肪が燃焼し易い体にするのだそうで、今のスポーツは随分科学的なんだなぁ~と感心しました。

最近は体が軽くなり、手の状態も良くなってきたのでいいことずくめ。体型も変わらなければ以前着たドレスも又着られるし・・・これからも運動続けよ~!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

幻のピアノとハンカチ王子

”パリ左岸のピアノ工房”(T・E・カーハート著)には様々なピアノとの出会いが描かれています。中でも北イタリアのメーカーで造られる”ファツイオリ”はすべて職人の手作りによる為、生産台数が少なく、幻の名器と言われています。
本を読んで以来”いつか見たい、弾いてみたい”と思っていたら・・


2006_08240079 その幻のピアノに、この夏偶然に出会ってしまいました♪

フランス人のアンリ・バルダ先生の教える神戸の講習会を訪れた時、会場に1台、さらに4本ペダルの最大サイズのファツイオリも地元の楽器店に置かれていて、うれしいことに試弾までさせて頂きました♪

姿も美しく、上品な輝きのある音に皆、う~っとり。

新しい楽器は、大きな可能性を秘めています。このピアノも、この先どんな人に、どう弾かれるかで、本当の良さが引き出されるかどうかが決まります。

ピアニストも責任重大・・・早実の斉藤投手を預かる監督と同じ位・・・

ファツイオリハンカチ王子も、ステキに成長して欲しいものです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)